杉本智子副園長は笑ってしまう病気?失笑恐怖症に該当する3つの言動は?

杉本智子副園長の病気
スポンサーリンク

静岡県牧之原市の川崎幼稚園で起きてしまった痛ましい事件、杉本智子副園長の会見での言動が注目を集めています。

今回は、

  • 杉本智子副園長は緊張すると笑ってしまう病気?
  • 杉本智子副園長が病気だといわれてしまう3つの言動は?

について見ていきます。

杉本智子副園長について少しずつわかってきたことがあるので、是非最後までみていってくださいね。

スポンサーリンク
目次

杉本智子副園長は病気?

杉本智子副園長、今回の事件が起きた幼稚園の責任者の1人でもあったんですよね。

毎日の目まぐるしい仕事量と保護者対応などのストレスで大変だったとはいえ、今回のような事件は起きてはならないものでした。

バスの置き去り事件に関しては、ここ最近日本で数件起きており対策は十分に行われるべきだったといわれています。

起きてしまったことは取り返せませんが、その後の会見が問題だったといわれています。

問題の会見の園長の記事もみて見てください↓

あわせて読みたい
増田立義園長は逮捕可能性はある?業務上過失致死罪で慰謝料は数千万? 静岡県牧之原市で起こった痛ましい事件、渦中にいる川崎幼稚園増田立義園長。 今回は、 増田立義園長が逮捕される可能性は?増田立義園長が払う慰謝料はどれくらい? と...

杉本智子副園長が会見中に笑っているとの声が上がっています。

こちらが病気ではないのかとの声も見られます。

緊張している時や厳かな場で笑ってしまう失笑恐怖症というものがあります。

失笑恐怖症とは、対人恐怖症のひとつで「笑い恐怖症」ともいわれています。

・笑ってはいけない場面だとわかってはいても笑いが止まらない
・何もおかしくないのに笑いがこみあげてくる
・笑ってはいけない場面で笑ってしまう
・我慢すると余計に笑いが止まらない
・笑ってはいけない場面で笑うのではないかと恐怖に感じることがある
・笑ってはいけない場面で笑っている自分が、周りからどう思われるか不安になる
などの症状があります。
怒られている最中に噴き出し、「笑ってはいけない」と思うほど可笑しくなってしまうという悪循環に陥ります。

原因は、極度に緊張したり不安や苦痛を抱えたりしているときに、その恐怖心を回避するために笑うためであったり、笑ってはいけない状況の緊張感や恐怖心に耐えられず、そのストレスを緩和するために笑いがこみあげてくるためといわれています。

出典:ハートフルカウンセラー学院

杉本智子副園長は、この失笑恐怖症なのではといわれているんですよね。

失笑恐怖症であると思われる言動を少し見ていきましょう。

スポンサーリンク

杉本智子副園長が失笑恐怖症だといわれてしまう3つの言動は?

ネット上ではこの事件の会見が見ていられないという声が上がっています。

現地で会見を見ていた保護者の方は、感情が噴き出し搬送されてしまったんだとか。。

幼稚園側にも大変な部分あったかと思いますが、なんともいえない状況です。

さて、杉本智子副園長が失笑恐怖症だと言われてしまう原因の言動を見て見ましょう。

会見中に疲れたと笑いながら言ってしまった

このような事件の会見ですから、笑うべきでは絶対にないとは思います。

ただ、会見が長くなり杉本智子副園長が無意識で「疲れた」と笑いながら言ってしまいました。

本人は小声で言ったつもりが、マイクが思いっきり拾って問題に。

明らかに笑えないところで笑ってしまった

会見中何度も笑っているような仕草が見られた杉本智子副園長。

会見が長引いて、緊張の糸にたびたび耐えられなかったということは考えられるのかもしれませんね。

会見の最後で爆笑してしまった

会見の最後に杉本智子副園長爆笑と言われてしまうほど、大きく笑ってしまいました。

どういう感情だったのかは不明ですが、緊張に耐えられなくなり笑ってしまった可能性はなくもないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

杉本智子副園長は失笑恐怖症の可能性があり、そう思われてしまう言動としては、

  • 会見中に疲れたと笑いながら言ってしまった
  • 明らかに笑えないところで笑ってしまった
  • 会見の最後で爆笑してしまった

が挙げられます。

兎にも角にもこのような事件は二度と起きるべきではないですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次