吉田佳右のメタノール事件は冤罪である3つの可能性!逮捕の証拠はあった?

吉田佳右メタノール事件は冤罪
スポンサーリンク

エリート夫婦の間に起きた、あってはならない事件。

渦中にいる吉田佳右さん。

今回は、

  • 吉田佳右のメタノール事件は冤罪である3つの可能性!
  • 逮捕の証拠はあったの?

と言うことについて見ていきましょう。

第一三共のエリート、吉田佳右さんのことについてわかってきたことがあるのでぜひ最後まで見ていってくださいね。

スポンサーリンク
目次

吉田佳右は冤罪である3つの可能性!

第一三共に研究職として就職し、社内恋愛をし結婚、子供までいて人生勝ち組と思われた吉田佳右さん。

大学もきっと高学歴なのでしょう。

吉田佳右さんの大学についての記事はこちらを見てくださいね↓

あわせて読みたい
吉田佳右の大学・高校は?妻容子の学歴が凄くて嫉妬した? 同じ会社で出会い、惹かれあって結婚した夫婦の間に起きた事件、、、 今回は、 吉田佳右の大学・高校は?妻容子の学歴が凄くて嫉妬した? について見ていきましょう。 ...

今回の事件は、2022年1月に亡くなった吉田佳右さんの妻容子さんの死因が、司法解剖の結果メタノールの摂取であると判明し事態が展開していきます。

状況からして夫の吉田佳右さんが逮捕されました。

しかし、不可解な点も多く、冤罪ではないかと言う声も多いです。

吉田佳右さんは、メタノールを摂取した妻容子さんの異変には気づいていましたが、酔っているものと勘違いしたと供述。

Twitter上では、海外で入手した酒にメタノールが致死量含まれていた可能性もあると言う書き込みも。

密造酒の問題は近年、メディアの注目を集めている。インドネシア、メキシコ、ドミニカ共和国で、メタノールの混入した酒を飲んだ海外旅行客が、病気になったり死亡したりした例があったからだ。

アルコールの販売が禁止されている国では、酒を入手するには、密造酒がはびこる闇市場で買うしかない。

一方で、密造酒への転換を防ぐ目的で、工業用に販売されている純エタノールにメタノールが添加されている場合もある。

だがこれが裏目に出て、今回のような問題が起きている可能性もあると、ハッサニアン=モハダム氏は言う。

出典:日経ニュース

密造酒の問題があり、メタノールが混入した酒を飲んでしまうと言うこともあり得なくもないと。

さて、吉田佳右さんが冤罪とされる可能性について見ていきましょう。

知識があるならメタノールを選ばないと思われるから

吉田佳右さんはいわば化学物質のプロ。

もし妻容子さんを手にかけようとして、メタノールのようなバレやすく、足のつきやすい化合物を使うでしょうか。

もっと証拠が残らず、苦しまないようなものを選ぶと思わなくもないです。

メタノールは酩酊状態のようになったり、嘔吐したりと明らかな症状が出て下手したら叫ばれてバレる可能性もあります。

しかも症状が出るまでに数日かかるケースもあるようで、このようなものを果たして選ぶのか?

と言う謎が残ります。

警察が消去法で夫を逮捕したようにしか見えないから

捜査の結果、第三者の介在や、容子さんに自殺する理由がないことなどから佳右容疑者の逮捕に至ったということです。

出典:Yahoo!ニュース

警察は吉田佳右さんがメタノールを入手した経路や混入方法が不明だが、状況的に怪しいと状況証拠で逮捕に踏み切りました。

吉田佳右さんは、容疑を否認していますし、うーんなんともいえないです。

自殺の可能性がないとも言い切れないから

吉田容疑者と容子さんが激しい夫婦ゲンカをし、警察が介入したこともあるという。

出典:Yahoo!ニュース

以前から夫婦仲が悪く、家庭内別居状態で警察が介入するような喧嘩もあったんだとか。

毎日焼酎を飲んでいたと報道がありますから、夫婦仲が悪いが子供もいるし世間体もあるし中々別れられない、、

と悩んでやけ酒なんて可能性もなくもないですよね。

スポンサーリンク

吉田佳右逮捕の証拠はあったの?

家の中で吉田佳右さんは状況証拠のみで、物的証拠なしで逮捕されたと報道されています

自宅からは残りのメタノールも容器も見つからず、2人のスマホの分析から第三者の介在もなかったため、警察は室内で吉田容疑者に摂取させられたと断定。

口から摂取した場合の致死量は30~240ミリリットルという“劇薬”だけに、含有率100%の原液を購入するには、本人確認や用途を聞くなど厳しい条件が課せられる。

しかし、吉田容疑者のスマホやパソコンにメタノールの購入履歴は残っておらず、警察は職場からメタノールを持ち出した可能性があるとみている。

第一三共広報担当者は「持ち出す際は、記録簿への記入を義務付けるなど管理を徹底している」と説明した。

出典:エキサイトニュース

妻の容子さんの死因であるメタノールの入手経路はわかっておりません。

物的証拠は今後出てくるのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回は吉田佳右さんの冤罪である

  • 知識があるならメタノールを選ばないと思われるから
  • 警察が消去法で夫を逮捕したようにしか見えないから
  • 自殺の可能性がないとも言い切れないから

と言う可能性について見てきました。

今のところ状況証拠のみで、物的証拠は出てきていないのでなんともいえないです。

今後どうなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次